怪談話の巻

かなで初企画「怪談話の巻」では多くのお客様にお楽しみいただきありがとうございました。貴重な夏季休暇の中にかなでを選んでいただいた事に感謝します。

ドアを入ると気味の悪い妖怪がご案内。驚かせるつもりがちょっとお笑いだったかも・・^^;

青白い光の暗闇の世界へようこそ。
ちりん。ちりん。ちりり~~ん。。

ろうそくを手にストーリーテラーの魔海猫の登場。
小泉八雲と外国の怪談話が4つ。
合わせる音楽と効果音と演出は、かなでスタッフ4人によるものです。

この日のために入念に準備・リハしたのっぺらぼうも登場し「アッ・・おお~~・・」
という声と共にお楽しみいただけたようでした。

一瞬にして真っ暗になる空間。
また何かが起こるのかも!!と身を緊張させると・・

何も起こらない。

お話の後は歓談していただき22時にお開きとなりました。

(上↑スタッフ4人+応援に駆けつけてくれた小6の時の同級生4人)

今思えば順序が逆で「今頃じゃありがたみがないよ~~」と同級生にツッコまれ「すみません~~」でしたが、

おつまみは先日のWBSで紹介された「青いカニかまソーダ味」や(すぐにお取り寄せ)黒いスパゲティ(イカ墨)妖怪おやじいりスティックサラダなど見た目不気味な、5品+飲み放題。
たくさん飲んでいただけましたか。

追加のお食事はALL¥500ワンコイン丼
量は少なめでもクオリティ◎を心掛けております。

いかがだったでしょうか。

末筆ながら、演出に懲りすぎて入場に時間がかかってしまい蚊に刺されてしまったお客様、本当にごめんなさい。
なぜか3か所の蚊取り線香が途中で消えてしまってて想定外で申し訳なかったです。

来年の夏、また企画の際には今回の反省を生かし改善していきます。
この度はご来場ありがとうございました。

演出の都合で20名様限定とさせていただきました。

来年の夏、オリンピックとかなで怪談話、手帳にメモお願いします(笑)